Speak Like a Child

世の風潮も時代の流れも無視して、ただ思うままくっちゃべる徒然ブログ。

スポンサーサイト

2011.03.22 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

映像作品における音楽の表現、または音楽そのものについて・1

2007.01.21 Sunday 22:49
 DVDで「アマデウス」のオーディオ・コメンタリーを聞いていたら、監督のミロス・フォアマンが、原作・脚本のピーター・シェーファー相手にこんなことをいっていました。
「音楽家という人種が一番わからない。わたしは絵なら描ける。画家にはなれるだろう。手紙が書けるから小説家にもなれるかもしれない。だが音楽家は絶対無理だ。わけがわからん」
 ハハハ…まったくねえ…。
 それこそ、壮大で複雑きわまる交響曲なんか作曲してしまう音楽家の思考構造って、いったいどうなってんだろう。一回頭の中を覗いてみたいもんですわ、ほんとに。

続きを読む >>
音楽 | comments(3) | trackbacks(1)