Speak Like a Child

世の風潮も時代の流れも無視して、ただ思うままくっちゃべる徒然ブログ。

スポンサーサイト

2011.03.22 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

RD 潜脳調査室 #5「スーマラン」

2008.05.26 Monday 20:16
 前回Cパートで登場したときには、いかにも不気味な雰囲気漂わせていたアイアン・シュバルツ氏ですが、蓋を開けてみたら意外とお茶目なやつでした。ちょっと無口で無表情なのが玉に瑕ですけど。

続きを読む >>
RD 潜脳調査室 | comments(0) | trackbacks(0)

RD 潜脳調査室 #4「欲望の環礁」

2008.04.30 Wednesday 20:14
 初っ端から川澄さんが、オーガズムとかおっしゃってましたが、ここの部分だけリピート再生した人、怒らないから手を挙げて。

続きを読む >>
RD 潜脳調査室 | comments(0) | trackbacks(13)

RD 潜脳調査室 #3「リダイブ」

2008.04.24 Thursday 12:19
サヤカ「自分の年を自覚してないんじゃないの? ハル爺」

 50年の“ウラシマ・ドライブ”期間があったとはいえ、爺は精神的には30代前半っすよ…。

続きを読む >>
RD 潜脳調査室 | comments(0) | trackbacks(5)

RD 潜脳調査室 #2「少女」

2008.04.19 Saturday 17:57
 エアーズ・ロック。別名ウルル。オーストラリアの原住民であるアポリジニの言葉で、“大地のへそ”の意味。マウント・オーガスタス(別名バリングラ)に次ぐ、世界で二番目に大きな一枚岩。
 アポリジニにとっては聖地であり、彼らはこの岩にむやみに登るのをよしとしない…もちろん、観光客が登ることも。
 なので、冒頭でミナモがお婆ちゃんに諭されて素直にそれを聞いたように、オーストラリアに観光にいく方々は、できれば登山は自重していただきたいな、と思います。登るとしても、アポリジニの精霊の住まう場所であることを、お忘れないように。

続きを読む >>
RD 潜脳調査室 | comments(0) | trackbacks(4)

RD 潜脳調査室 #1「ウラシマドライブ」

2008.04.09 Wednesday 18:10
 主演は森功至さん。またずいぶんひさびさにお名前を拝見した気がします、ガルマ様。
 そして原作士郎正宗氏、プロダクションI.Gとあれば、これは期待しろ、というゴーストの囁きを耳にしないわけにはいかないでしょう。

続きを読む >>
RD 潜脳調査室 | comments(0) | trackbacks(11)