Speak Like a Child

世の風潮も時代の流れも無視して、ただ思うままくっちゃべる徒然ブログ。

スポンサーサイト

2011.03.22 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

「アニメ的美意識」は絶対ではないと思うことについて

2007.05.30 Wednesday 00:49
 「コゼット」の新キャラデザは、やっぱり失敗なんだそうです。なんの話かっていうと、2chでの話なんですが。

続きを読む >>
アニメ全般 | comments(0) | trackbacks(0)

ファースト・インプレッションその4 新番組雑感SIDE-B

2007.04.12 Thursday 17:47
 SIDE-Bです。引きつづき新番組の雑感をお送りいたします。

続きを読む >>
アニメ全般 | comments(0) | trackbacks(0)

ファースト・インプレッションその4 新番組雑感SIDE-A

2007.04.11 Wednesday 15:29
 えー、途中で視聴を切ってしまった「セイント オクトーバー」の代わりに、新たに視聴感想記事の対象になる番組を、今期から始まるアニメのいくつかから選ぼうと思うんですが。とりあえずはその選抜候補の雑感などを。

続きを読む >>
アニメ全般 | comments(0) | trackbacks(0)

オナニー作品を待望することについて

2007.03.16 Friday 22:53
 いやー、今朝は心臓に悪かったな。今朝7時頃、いつものように前日のアクセス数を確認するために管理者ページを開いたら、3月15日の解析結果が0ってなってましたよ。0って…昨日上げた記事にTBなんかもいただいてますから、いくらなんでもなにかの間違いだろうとは思いましたけど、わかっててもショックが大きいっすね、こういうのは。

続きを読む >>
アニメ全般 | comments(2) | trackbacks(2)

「パクリだ!」という前に、ちと考えてほしいことについて

2007.03.01 Thursday 21:09
 こんな記事を読んだので、それに関してちょっとばっかし考えたことなどを。

 まなびストレートのパクリ云々に反論しておく
 http://dynasick.cocolog-nifty.com/blog/2007/02/post_06ba.html


続きを読む >>
アニメ全般 | comments(0) | trackbacks(0)

涼宮ハルヒの憂鬱ドラマCD「サウンドアラウンド」について

2007.02.01 Thursday 21:57
 まず、聴いていて一番気になったこと。
「え? ENOZの正規メンバーでライヴ? ってことはひょっとして…門脇舞の歌が聴けるのか?」
 それは恐…じゃなくて楽しみだと思ったのに、ライヴシーンは全面カット。僕は非常に残念だったんですが、このCDを買おうかどうか迷ってらっしゃる方の中には、これを知って決心がついた、という人もおられるかもしれません(いろんな意味で)。

続きを読む >>
アニメ全般 | comments(0) | trackbacks(2)

「コード・ギアス」新OP問題について

2007.01.20 Saturday 23:08
 「コード・ギアス」見てないんですけどね。
 いや、1話だけ見させてもらいました。なかなか悪くないと思いました。たぶん僕がもうちょっと若かったら、めちゃめちゃ毎週楽しみにしてただろうな、と容易に想像できる内容でした。
 作品の政治性については、そもそも僕が政治にあんまり関心のない人間か、そんなに気にはならなかったし、監督はあの谷口吾郎氏なので、間違いなく1話以降も面白くなってるんでしょうけど…。
 ま、でも1話見た時点で、
「ケレン味のある話は大好きだけど、ケレンばっかの話は体力的にキツイなあ」
 と思っちゃったもんで。ファンの方すみません。
 このアニメは歌舞伎とかオペラの類ですね。とにかくすべてにおいて華麗にして過剰であることが正義! というような(この感想が間違ってたら素直に謝ります。ごめんなさい)。

続きを読む >>
アニメ全般 | comments(0) | trackbacks(0)

今さらかもしれないが、「涼宮ハルヒの憂鬱」について

2007.01.20 Saturday 20:36
 ふと思ったんですが、なんで「ハルヒ」って人気出たんでしょうね?
 こういってはなんですが、正直話自体はそう奇抜なもんでもないですよね?
 主人公の行動や思考が世界の状況と直結してるっていうのは、いわゆる「セカイ系」(あんまり詳しくないんですが)というジャンルでは割合ありきたりな設定 だともいえるし、TVシリーズのメイン・エピソードである「憂鬱」は、いってみればベタなボーイ・ミーツ・ガールの物語だし。
 あの変則的な構成にしたって、ボーイ・ミーツ・ガール物語の結末をラストに持っていくため、という比較的実際的、方便的なもんだろうと、僕は邪推してるんですけど。

続きを読む >>
アニメ全般 | comments(0) | trackbacks(3)