Speak Like a Child

世の風潮も時代の流れも無視して、ただ思うままくっちゃべる徒然ブログ。

スポンサーサイト

2011.03.22 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

生存報告として

2008.10.25 Saturday 18:07
 お久しぶりでございます。
 なんやら広告が表示されるくらいに絶賛放置プレイ中の当ブログですが、一応管理人は生きておりますので、とりあえず、そのことだけでもご報告を。

 病気のほうはなんだかんだで今年初っ端の状態に戻った感じです。つまり、再手術を受けて今は療養中ってことで。
 前の発作後に、自分ではそれなりに厳重に健康管理に努めているつもりだったものの、やっぱ長年身についた自堕落な生活態度は、天下てきめんにしっぺ返しをくらわすものらしく、それを痛感した今じゃ、家族や友人たちの手を借りまくって治療に励んでいる次第です。おかげで生活も結構変わりました。
 深夜アニメなんかは、リアルタイムではほぼさっぱり見れてない状態なんですが…ま、病気以前からほとんどアニメはビデオに録画して、後で見るのがデフォルト(それも、録り溜めするだけで見ない作品も結構多かったり)だったんで、そう大した変化ともいえないですが。後、今は仕事量を減らして、比較的暇な時間もできたために、これまで見る機会のなかった積みアニメを見返したりもしています。1話だけ見てその後なんだかんだで見てなかった「夏目友人帳」を、この機会に視聴できてよかったっすよ。
 今期から始まってるシリーズじゃ、「かんなぎ」を毎週楽しみに見てます。いいっすね、これ。
 相変わらず山寛さんはOPでヒロインを踊らせたいみたいですけど…それはそれとして、人間と神様が同居するという、某17歳声優さんの代表作のひとつである女神様アニメを彷彿とさせる、比較的ありがちなお話ながら、その、人間と神様との関係にきっちりボーダーが引かれてるところが、なかなかユニークかなと。主人公の男の子はナギに敬語使ってるし、お色気サービスシーンは細かにあるものの、主役の男女ふたりの関係も、なんだかんだで色っぽいものには(今のところ)なりそうにないですし。
 この類のコメディなら見る前から、ふとしたきっかけ(女のほうが押しかけてくる、というのも頻繁に見られるパターンですな)で同居→やがてキャッキャウフフでラヴラヴな関係に、ってのが予想できてしまうもんですが、3話まで見た時点じゃ、意外とそういう感触でもなかったのが新鮮というか。萌えーでイチャイチャなシチュ期待してる視聴者が喜びそうな展開に、なりそうかなと思ったら微妙に外してギャグで落とす、みたいな。ま、今だけなのかもしれないけど、露骨にお色気狙わない(代わりにフェチ狙ってますが)、さっぱり清潔感あるお話なのが、僕的には好印象でした。
 ほかは…ごめん、ろくに見れてねーです。ただ、ぼちぼち視聴量増やしてなるべく近いうちにレビュー再開させたいとは思ってますんで、そのときにはまた、どうぞご贔屓にお願いいたします。
 近日中の復活をお約束しつつ。


 追記
 WEB拍手および、そのコメントで応援や励ましをくださった皆様方へ、この場を借りてお礼申し上げます。ご心配おかけしました&ありがとうございました。
 死線をくぐり抜けた(?)管理人に、乞うご期待(ただし、お手柔らかに)。




↑今のところまだちょっとヨレヨレな管理人に激励の拍手でも!


心にうつりゆくよしなし事 | comments(2) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2011.03.22 Tuesday 18:07
- | - | -

コメント

やー!良かった!
こんばんは、たこーすけです。
大丈夫に違いない!と信じていましたが、安心しましたー。
退院後って、なんだかんだで「病み上がり感」は逃れられない感じだと思いますので、まずはどうかごゆるりと。
いやー。ほんと、良かった!
それでは、また!!

| たこーすけ | 2008/10/26 2:32 AM |
>たこーすけさん。おひさしぶりです。ご心配おかけしました。
WEB拍手のほうのコメントもありがとうございます。

もう、あんまりたこーすけさんやだんちさんにご心配かけないよう、ほんとに身体には気をつけますね。
昨日もWEB拍手コメントでだんちさんから、
「前の手術の後からしばらくして、コメントをくれる時間がみるみる深くなっていったから、大丈夫なのかと思っていた」
とかいわれましたし。まったくもって一言もないとはこのことです。
まあ、心配してくれる方がいるってのは幸せなことだと思いますが、幸せにもたれかかるのも、それはそれでアレですんで。
たこーすけさんも身体にはお気をつけくださいね。
| memento | 2008/10/30 1:50 PM |

コメントする










この記事のトラックバックURL

http://memento01.jugem.jp/trackback/286

トラックバック