Speak Like a Child

世の風潮も時代の流れも無視して、ただ思うままくっちゃべる徒然ブログ。

スポンサーサイト

2011.03.22 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

現在の心境(のようなもの)として

2008.03.08 Saturday 17:45
       My Ever Changing Moods

                      By Paul Weller


    Daylight turns to moonlight-
    and I'm at my best
    Praising the way it all works-
    gazing upon the rest
    The cool before the warm
    The calm after the storm
    I wish to stay forever-
    letting this be my food
    But I'm caught up in a whirlwind
    and my ever changing moods

    Bitter turns to sugar-
    some call a passive tune
    But the day things turn sweet-
    for me won't be too soon
    The hush before the silence
    The winds after the blast
    I wish we'd move together-
    this time the bosses sued
    But we're caught up in the wilderness
    and an ever changing mood

    Teardrops turn to children-
    who've never had the time
    To commit the sins they pay for through-
    another's evil mind

    The love after the hate
    The love we leave too late
    I wish we'd wake up one day-
    an' eveyone feel moved
    But we're caught up in the dailies
    and an ever changing mood

    Evil turns to statues-
    and masses form a line
    But I know which way I'd run to
    If the choice was mine

    The past is knowledge-
    the present our mistake
    And the future was always leave too late
    I wish we'd come to our senses
    and see there is no truth
    In those who promote the confusion for this ever changing mood



    日の光が月光に変わり
    今は満ち足りた気持ちを得ている
    すべての神の御業を称え
    この安らぎを見つめたいと思うけれど

    暖かさの前に心は冷えて
    嵐の後には穏やかさがくる
    ここに留まってその心を糧にしたいと思っても
    この激情が変わりつづけることを求めている

    苦しみが消えて安息がくれば
    人々はそれを受け入れろという
    でもまだ僕にとっては
    少し早すぎる気がするんだ

    沈黙の前に口を閉じれば
    高ぶりの後に穏やかな時間があると知っている
    時の移ろうままに自然でありたいと思っても
    この激情が僕をつき動かさずにいられない

    涙は子供たちに姿を変えた
    僕らが時を逸したその贖いとして
    そして誰かの悪しき心の代価を
    彼らが支払いつづけるのだろう

    憎しみの後に愛があると知っても
    僕らの愛にいい逃れは遅すぎる
    ある日目覚めのときがきて
    皆が動き出すことを望んでいるけれど
    でもこの重い日常が僕を落ち着かせてはくれない

    悪が偶像となって
    人々がその前に列をなす
    僕が駆け寄るべき列がほかにあることはわかっている
    選択の余地があるならだが…

    過去は現在の過ちを教えてくれる
    そしてなぜかいつも未来は手遅れになる
    自らの意志に辿り着くことを求めながら
    結局は真実がないことを知るだけ
    僕の常に変わりゆく心を
    ゆさぶりつづける人々の中にあって





↑管理人の訳詞の間違いについてはコメントでご指摘を。よろしければ拍手でもひとつ。





心にうつりゆくよしなし事 | comments(0) | trackbacks(1)

スポンサーサイト

2011.03.22 Tuesday 17:45
- | - | -

コメント

コメントする










この記事のトラックバックURL

http://memento01.jugem.jp/trackback/219

トラックバック

-

管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2010/01/13 1:00 AM |