Speak Like a Child

世の風潮も時代の流れも無視して、ただ思うままくっちゃべる徒然ブログ。

スポンサーサイト

2011.03.22 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

お詫びとして

2008.02.08 Friday 21:57
 あああああああああ、無断で1月近くも放置してしまった。ほんとの本当にすみません。
 新年最初の挨拶で、今年は更新停止とかないようにしたい、とかいってたくせに。

 えーと、いいわけさせてもらうとですね、実は身体を壊してました…いや、壊してます。まだ、ちょっと健康体に戻ったとはいいがたい状態でして。
 正月明けからたびたび、胸と肩と背中に激しい痛みを覚えることがあり、身体がそんな具合だと気力も萎えて、今いちアニメ視聴にも身が入らないということになってしまって。
 それでも痛みが治まれば、いたって普通に生活はできていたんですけど、発作の回数が多くなるにつれ、ちょっとこれはシャレにならんというか、仕事にもさしつかえるし、本当にまずいんじゃないか? とさすがに思い、病院で検査してもらうことになったんですが。で、いきつけの病院ではとりあえず異常なしとの診断を受けました。
 とはいえ、その後一週間、毎日のように発作は起こるし(発作が鎮まれば、嘘みたいに痛みは消えるんですけど)、自分でも不安を覚え、あれこれ調べてみて、
「ひょっとしてこれは、狭心症じゃないか?」
 と思い別の病院でもう一度診てもらったら、やはりその疑いがあるとのこと。
 それで、もっと大きな病院で精密検査を受けたらあーた、心臓の冠動脈の一部が、糸のごとく細くなってましたよ(ちょっと大げさ)。もちろん即入院、即手術と相成ったわけですが、なにしろ生まれてこの方一度も手術も入院もしたことがないので、我ながらアホみたいにびびってしまい、
「ひょっとしたら俺、これで終わりかも…」
 と、半ば本気で観念しかけたくらいです。や、心筋梗塞になってたら、実際やばかったらしいので、冗談ごとじゃないんですけどね。
 しかし、狭心症って、個人的にじーさんばーさんのかかる病気ってイメージあったんだけどなあ。
 まあとにかく、一週間の入院の後、今は病院でいただいた薬を服用しながら、自分の心臓がまともに動いてくれることに感謝する毎日を送っています。入院中お世話になったお医者の先生や看護婦さん、本当にありがとうございました。
 先生からは規則正しい生活を心がけるよう、厳重に申しつけられておりますので、いまや、夜12時を越えての夜更かしも、徹夜も、オーバーワークも、一日10杯以上のコーヒーも駄目という有様です。しかも9月に再検査があるので、それまではずっとそんな状態がつづきそうです。
 そんなわけで、今はちょっと、アニメ見るどころじゃないというのが本当のところでして。しかも、今期の番組全部、1話見ただけで後はほったらかしだもんなあ…。急な入院だったから、録画を友人に手配するのも忘れてたし。
 ま、今のところ発作が再発する気配もないので、新番組がスタートする頃には、また感想記事をUPできるんじゃないかと思いますけど、それまでは自分の身体の様子を見ながら、思いついた記事を不定期に掲載するだけとなりそうです。すみません。なにとぞ読者の皆様方には、お許しいただけますよう。
 あ、そういや、「∀ガンダムにおける君主論」を、昨年中に完結するとかいってたっけな…。まあ、それについては、今さら突っ込まないでください。や、もちろん、つづきを書く気はじゅうぶんにありますけどね。長い目で見てくださいってことで。アハハハハ…あーあ。

 いつのまにかブログ開設一周年を過ぎたというのに、ろくな告知もせず、おまけにお詫びもなんだかんだでグダグダですが、よろしければこれまで同様、どうぞご贔屓にお願いいたしますね。





↑とにかく皆さん、健康にはじゅうぶんに気をつけてください、と思う病み上がりの管理人に、拍手でも一つ。


心にうつりゆくよしなし事 | comments(4) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2011.03.22 Tuesday 21:57
- | - | -

コメント

こんばんは、だんちです。
うわっ…。更新がだいぶ滞っていらっしゃる様子から、大丈夫かな、お忙しいのかな、インフルエンザかな、とか思っていたのですが、まさか入院手術されていたとは…。
大変なことでしたね。心からお見舞い申し上げます。

今は痛みもないとのことで、読んでいてこちらもホッとしました。
規則正しい生活によって、体調良くなるといいですよね。及ばずながらmementoさんの健康を祈らせていただきます。
アニメ感想とか君主論とか、のんびり待たせてもらいますよ。また是非読ませていただきますので、コンディションを整えて、書ける時に無理のないペースでじっくりと取り掛かって下さい。

それと、ブログ一周年おめでとうございます。
健康に気をつけられて、今後も二周年、三周年と活躍されることを念願しております。

どうかくれぐれもお体お大事になさって下さい。9月の再検査でなんともなくなっているといいですよね。
僕も他人事と思わず、気をつけます^^;
それでは、失礼いたします。
| だんち | 2008/02/09 12:32 AM |
ちょっと!mementoさん入院て!
しかも手術!?
こんばんは、たこーすけです。

お忙しいのかなーと思っていたのですが、まさか心臓の手術をなさってたなんて…
ほんと、大変でしたね…とにかく御無事で何よりです。
しかし、ほんと、大事になる前に発見できて良かったですね。
結構、かかりつけのお医者さんが大丈夫って言ったから、大丈夫なんだろうなとか我慢しちゃうことってあるじゃないですか。
場所が場所なだけに、放って置いたら大変なことでしたね。

ぼくも以前ぶっ倒れて入院していたことがあったのですが、退院間もなくは、どうにも病み上がり感があって、なかなか日常に戻れませんでした。
mementoさんもまだ調子が戻られないとのこと。
本調子に戻るまで、いえ戻った後も、どうかくれぐれも御無理をなさらず、何卒ご自愛下さい。

とにかく御無事で良かった!
心よりお見舞い申し上げます。
それでは、また。
| たこーすけ | 2008/02/09 4:07 AM |
こんばんは。おひさしぶりです。
ってちょっとちょっと!心臓手術されてたとは・・驚きました・・。家庭の医学で少し調べてみたのですが、狭心症を長期放置しておくと発作時間が長くなり細胞の壊死(心筋梗塞症)になる可能性があり、そうなる前の早期発見、場合により手術が大切との事。不幸中の幸いと申しますか・・狭心症の段階で発見できて何よりです。

奇遇と言いにくいですが、僕もちょっと先月末からバタバタしまして(退社、3月から転職)、ちょっと余暇を楽しもうとしていた矢先、病院のお世話になってしまう事になりました。以前原因不明の胃腸炎になり入院した事があったのですが、今回は「胃が黒く荒れている。腸にちょっとした脹れが見られる」「このまま白血球(好酸球)値が上がり続けた場合再発の恐れがあるので入院してもらう」との事。胃カメラ飲まされ血を抜かれフラフラしていまして・・ブログの更新が滞ってしまいました。狭心症治療でも効果的な「規則正しい生活、禁煙、禁酒、禁カフェイン」を命じられています。あぁ、キツイ(爆)。禁刺激物(唐辛子等)もキツイ(爆)。ですが何か妙な充実感のようなものが・・変だな(爆)。お互いがんばっていきましょう・・。アニメ感想、僕も断念しております。体調の事、それから「その域に達してない」(笑)というのもありますが・・。

meemntoさんの感想、気長に待たせて頂きます。お大事になさってください。
| ミント | 2008/02/11 10:29 PM |
>だんちさん。コメントをいただきありがとうございます。ご心配をおかけいたしました。

だんちさんのブログへのコメントで、たびたびお身体に気をつけるようにといっていた僕のほうが、こんな有様になってしまい、少々かっこ悪いことになってしまいました。
医者の不養生じゃないけど、
「人のこといえた立場か」
って感じですな。幸い退院後は、これといって身体に支障もなく、元気にやっております。

>それと、ブログ一周年おめでとうございます。
健康に気をつけられて、今後も二周年、三周年と活躍されることを念願しております。

ありがとうございます。
実をいうと、無事一周年を迎えて今考えているのは、このブログは、きっかり三年間つづけて終了ということにしようかな、ということでして。まあ、中学校とか高校とかも三年間だし、それくらいがいい区切りじゃないかと。
僕個人の考え方として、物事はなんでも始まって終わるものだから、なにをやるにしても、きちんと終わりどきを見据えてたほうがいいんじゃないか、というのがありまして。
そういうこといえるのも、ブログ運営というのを、一年間なんとかかんとかつづけてこれたからなんですけどね。

しかし考えてみると、「妄想界の住人は生きている。」に初めて僕がコメントを書きこんでから、二年になるんでしょうか?
「妄想界」に出会わなかったら、自分でもブログをやろうなんて、夢にも思わなかっただろうなあ。その意味でもだんちさんには、本当に感謝いたしております。
今後とも変わらぬご愛顧をお願いいたしますね。僕も変わらず応援させていただきますので。


>たこーすけさん。お見舞いのコメントをありがとうございます。

お医者の先生の話では、狭心症には、心臓の血管が動脈硬化を起こしてなるものと、同じく心臓の血管が痙攣を起こしてなるものとがあるそうなんですが、僕はどうやら後者だったようです。
最初の病院で異常なしといわれたのも、どこにも血が詰まってる様子がなかったからだそうで。
「身体に異常はないようですから、精神的なストレスが原因でしょう」
みたいなこといわれたときには、ああそうかもな、と納得したりもしたんですが、ぶっちゃけ、今回ほど自分が猜疑心の塊であることに、感謝したことはありません。

>ぼくも以前ぶっ倒れて入院していたことがあったのですが、退院間もなくは、どうにも病み上がり感があって、なかなか日常に戻れませんでした。

目下、それが一番の悩みの種といいますか…やっぱり本調子が出ないと落ち着きませんね。
まあでも、普段自分がいかに不摂生をしてたかということがわかり、生活を改善するいい機会になったと思うことにします。
たこーすけさんは僕よりもお若いでしょうが、すでにお身体を壊されたこともあるとのことで、どうぞ無理をなさいませんよう。今のうちから、健康には気をつけられたほうがいいですよ。ほんと、今回はつくづくそう感じました。


>ミントさん。おひさしぶりです。コメントをいただきありがとうございます。

おっしゃる通り、早期発見できたのは不幸中の幸いでした。症状によってははっきりした痛みもなく、心筋梗塞に至ってしまうケースもあるとのことで、のた打ち回って苦しんだ甲斐があった(?)というものです。

ミントさんも今年に入ってから病院のお世話になったそうですが、大丈夫でしょうか? 今もまだ入院中なのか、それともすでに退院されたのか、気になります。
先年、クリスマス辺りに確か、来年がお互いにいい年であるように、とかコメントした覚えがあるのですが、その言葉に反して、どうもお互いに幸先の悪い年初めになってしまったようですね。
まあ、初っ端に不運に見舞われれば、確率論的にいって後は上昇していくはずだ、と考えましょう。刺激物禁止は僕もきついですが、禁欲生活もそれはそれで充実感ありますね。なんか自分が善行を積んでるような錯覚を覚えますし。

感想記事は断念されたとのことですが、いずれは書かれるだろうことを期待いたしております。
ミントさんもお大事に。


>WEB拍手のほうでお見舞いのコメントを送ってくださった方々。ありがとうございます。この場を借りてお礼申し上げます。

予想した以上に体調はいいので、アニメ感想記事のほうも、今放映されている1クール番組が終わって、新番組が始まる頃には、UPできるんじゃないかと思っております。
今は録り溜めしてるビデオやら「蟲師」のDVDやら見たりして、個人的なリハビリ(?)を行っております。
退院後の管理人はいたって元気ですので、どうぞご安心を。
| memento | 2008/02/12 1:00 PM |

コメントする










この記事のトラックバックURL

http://memento01.jugem.jp/trackback/214

トラックバック