Speak Like a Child

世の風潮も時代の流れも無視して、ただ思うままくっちゃべる徒然ブログ。

スポンサーサイト

2011.03.22 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

げんしけん2 第12話「その先にあるもの…」

2007.12.28 Friday 02:30
 最終回ですが、荻上のトラウマ問題やら、朽木がウザいほどいってた合宿のことやら、散りばめられたまま回収されない前振りが残ってることですし、OVAないしは第3期も、当然期待していいのではないかと、思ったりもしています。

 もっとも、荻上メインの第2シリーズだったということもあって、てっきり彼女で締めるのかと思ってたのが、笹原の就職話でもってラストとしたのは、ちょっと意外でした。さすが主人公。一応彼に関しては、前回予告でいってた“俺たちの戦いはこれからだ!”ENDにはならなかったようで。
 最終的に笹原が内定したのは出版社じゃなくて、出版編集者の人材派遣会社という下請けだったわけですが、大手出版は正直、学歴で採用が決まってしまう(もちろん、高学歴者がみんな有能な編集者になれるわけではないんですが)ところがあるっちゅーことで、こういう会社のほうが笹原には向いてるんじゃないでしょうか。
 就活の面接の場というのは、企業が学生を見る場であると同時に、学生が面接官を通して企業を見る場でもあるんですよね。大手はどうしても学生の最終学歴を採用基準にしがちだったりもするんですが、笹原の受けたところは、“使える”編集者を育てないとまずいってことで、実際的に現場主義、経験重視っぽいです。なにしろ面接官自ら、
「お決まりの志望動機とかは時間の無駄だから省いて…」
 なんつってましたし。
 んで、その面接官が突っ込んできたのが、笹原の現視研での活動についてなんですけど、笹原にすりゃ、そもそも出版を志望した動機も、それが自分に向いてるんじゃないかと思った理由も、同人誌を実際につくった経験からきてんですから、まさに突っ込んでほしいところを突っ込んでくれたといっていいでしょう。あの同人誌制作での、
「いろいろと人間関係のトラブルやらもあって、自分の限界を思い知らされる経験でもあったけど、でも、それらも含めて楽しかった」
 って経験を率直に言葉に出していえたことが、その後の、編集者がやってはいけないこととはなにか? という質問に対する、
「作家にやる気をなくさせること」
 という、笹原なりの答えにつながってるんですから。この答えが面接官の求めるものであったかどうかは、あまり関係がないように思えます。彼が出版業という職種を志望した動機となった大元の経験から、なにをつかんだか? が重要なんだし、それに十人編集者がいれば十の方針があるわけですし。まあ、そういうのは別に編集者に限った話じゃないですが。
 以前の感想でもいったことですが、「わかりません」と答えてしまうことが一番…とまではいかなくても、それに近いくらいよくないことなんでしょう。もちろん「わかりません」よりよくない答えというのは、こういう会社相手でいえば、就活マニュアルそのまんまの答えなんだと思いますが。

 オタクという人種は、しばしば世間一般に、コミュニケーション不全の若者の代名詞みたいにいわれてて、まあ、実際にもそういうところがなきにしもあらずだったりもするものの、この「げんしけん2」は、最終的にはオタクであることでもって、むしろ他人とつながることが重要なんだ、というアンサーで着地したように思えます。
 ひさびさ登場の久我山は営業という、およそ彼には似合わない仕事を頑張ってるんですが、たぶんあの性格ですから、毎日毎日、
「もうちょっとだけ頑張ってみよう」
 みたいなこと自分にいい聞かせながら、仕事に励んでるんではないかと。絵をまた描き始めたというのも、せわしなくストレスの多い日々の中で、わずかに自分を慰める手段がそれだからなんでしょう。
 就活難航中の笹原に電話してきたとき、あの同人誌づくりが「楽しかった」と、彼もいってた辺り、今久我山が頑張れているきっかけをつくったのは、つまるところは笹原なんだと思います。あのときは作家のやる気をなくさせてとかなんとかいってましたが。で、それをいった久我山が今は、いった相手である笹原に頑張るきっかけをつくってるわけで。
 そういうこと考えたら、他人と関係を結んだことの結果というのは、ふとあるとき、それが本当に必要になったときに、巡り巡って自分自身に返ってくるものなのかもしれません。
「もうちょっとだけ頑張ってみよう」
 というメッセージとともに。
 そうした関係を結ぶ手段が、たまたまオタク趣味だって話で、コミュニケーション不全だとかで一括りにできるような単純で通り一遍な、そして狭量で閉じた人種じゃないんすよね、オタクってのは。彼らは彼らで、彼らなりのやり方で、他人とつながりたいと思ってるし、また、つながってるわけで。
 それはいたって当たり前かつ、必然的なことではないかなとも思えます。人間関係等で不器用だったりもする彼らですが、それにも増してほかのなににも増して、オタクが器用になれないことというのは、“無関心になること”なんですから。

 今回で主人公笹原も、本格的に現視研引退ってことで、前シリーズの主要メンバーほとんどとお別れとなりました。斑目はこれからもちょくちょく部室に顔を出しそうですけど…ま、とにかく、実際に古い友人たちとお別れするみたいな、いささか寂しい気分を覚えてしまいますな。
 まだ補完されてない部分もあるので、それは続編なりを待つことにして、よしもときんじ監督以下、スタッフの皆様に感謝を捧げたいと思います。1クールの慌しいスケジュールで、目立った乱れもなく、安定した面白さを保ちつづけてくれたこの作品は、本当に毎週楽しみでした。
 監督の次回作と、「ラーメン天使プリティメンマ」(どういう内容になるかさっぱりですが)に期待いたしております。





↑で、「メンマ」は18禁エロゲー原作のアニメ化って扱いでいいんだろうか? とか、今いち把握しかねてる管理人にどうぞ拍手でも。





げんしけん2 | comments(0) | trackbacks(8)

スポンサーサイト

2011.03.22 Tuesday 02:30
- | - | -

コメント

コメントする










この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。

トラックバック

(アニメ感想) げんしけん2 第12話 「その先にあるもの…」

げんしけん2 第1巻 夏が過ぎても笹原の就職は決まっていなかった…。連敗に継ぐ連敗で笹原は、なぜそもそも編集を志望したのかさえわからなくなってしまっていた。追い詰められた笹原は出版に限らず別の業界も手当たり次第に受けてみるものの、やはりここでも連敗。
| ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 | 2007/12/28 3:55 AM |

げんしけん2第12話「その先にあるもの…」

げんしけん2期もいよいよ最終回だな。いきなり険悪なオーラを発散している笹原に驚いた。普段温厚だけに、朽木の駄々捏ねにウゼェって言った時は何事かと思ったな。それでも何とか仕事が決まって良かったな。めでたい限りだ。持つべきものは仲間と言う事だな。一時はげ
| アニメの襲撃者 | 2007/12/28 6:19 AM |

げんしけん2「その先にあるもの・・・」

『にょ〜★   合宿行こうマックス〜        合宿〜 合宿〜           さっさと合宿〜』なんだこれ。 クッチーが・・キモイはずなのに(笑)すごく可愛く見えてしまって困る。o(*゚∀゚*)o彰マジックさすがに、就活で行き詰ってた笹原には『うぜ
| 鳥飛兎走 | 2007/12/28 9:00 AM |

げんしけん2 第12話 「その先にあるもの…」

難航するシューカツに、やる気をなくす笹原。 逃げセリフを言うのを一喝するのはやっぱり春日部姐さんです(笑) 荻上さんにもガッカリと言われてしまう…。 ヘタレな笹原も流石に...
| SeRa@らくblog | 2007/12/28 9:50 AM |

07年10月新規アニメ 第13週 感想 げんしけん2 Myself ; Yourself どちらも最終回

 げんしけん2 第12話  Myself ; Yourself 第13話  偶然どちらも最終回でした・・・。  げんしけんは実にいい最終回だったと思います!正直かなり綺麗にまとめたと思い...
| 荒野の出来事 | 2007/12/28 6:51 PM |

げんしけん2 第12話「その先にあるもの…」

げんしけん2の最終話を見ました。最終話 その先にあるもの…夏が過ぎても笹原の就職は決まっていなかった…。《また落ちた…クソ。何だっけ?何でなりたかったんだっけ?好きなことに近い業界だから。でも、そんならアニメやゲームは?どっちにしろ、俺に創作能力はな
| MAGI☆の日記 | 2007/12/29 8:54 AM |

アニメ【げんしけん2】第12話(最終話)。

『げんしけん2』 ※下記の日記内容には、アニメ本編に対するネタバレの要素が多々記述されています。少しでも気になさる方は御覧にならない様に注意をして下さい。 最終回…第12話 『その先にあるもの…』。 ストーリーは
| どっかの天魔日記 | 2007/12/29 7:24 PM |

げんしけん2 第12話「その先にあるもの・・・」

まだ就職が決まらない笹原。 部室で朽木に当たってしまう。 自分のやりたいことは何
| アニメ-スキ日記 | 2007/12/30 9:21 AM |