Speak Like a Child

世の風潮も時代の流れも無視して、ただ思うままくっちゃべる徒然ブログ。

スポンサーサイト

2011.03.22 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

げんしけん2 第6話「趣味のモンダイ」

2007.11.16 Friday 12:32
 前回、現視研会員男子を脳内レイプしまくってた荻上が、今回セクハラ・リベンジ受けてます。

 前回同様部室になぜかいる斑目の就活話から始まりますが、カメラが荻上目線になって、笹原と斑目をひそかに観察しつつ、大野をチラチラ警戒してる辺り、彼女の現視研内でのポジションがわかりますな。同じ部室にいても、オギーだけほかの三人とは、ちょい離れた位置に座ってるし。
 自分で漫画描いてたりするんだから、オギーはどっちかったら純粋消費者型じゃなくて、アーティスト型のオタクなんでしょうが、そのせいか興味の対象たる男ども…それも妄想内でカップリングした相手ともなれば、そらもう舐めるように観察しまくっとります。基本的にアーティスト・タイプの人って色情過多というか、いろんな意味で多情かつ、自分でも持て余すくらいに想像力や好奇心が発達してる人だと思うんですけど、横目でそうやってこっそり窺ってんのも、大野にゃバレバレで。んで、それを見逃さずダーク化したカナチンが、実に生き生きと嬉しそうに、荻上いじりに励んでますよ。こういうの見てると、つくづく女に生まれなくてよかったな、と思ったり思わなかったり。
 前回ラスト、平気で荻上が自分の妄想イラストを大野に見せたりしてた後だと、今回のお話はちょい、無理があるといえなくもないんですけど、ま、細かいことはいいです。どっからどう見ても腐女子以外の何者でもないのに、頑なに、潔さの欠片もなく否定しまくるオギーが、同類嫌悪に苦しめられながらも結局冬コミ初日に参加してるという、倫理と欲望の相克に苦しむ人間の弱さと矛盾を示すような、んな深いテーマ別にねーよと思わないでもないような、そんなエピソードでした。

 参加しながら臭いだのウザいだの冬は冬らしくしろだの、理不尽きわまりない不満を述べてる荻上は、まことにツンデレと呼ぶべきですが、この場合、ツン=なしてわだすがこげなオタクの群れに混ざってねーといかんの!? デレ=んなこといっといてちゃっかり買うもんは買ってる、ってところでしょうか。どうでもいいけど女性向け同人の列でなにやってんすか、糸色先生?
 えー前シリーズ第1話での笹原も通った道ですけど、大抵のオタは、まず最初に自分がオタクであることを認められるか否か、っていう心理的踏絵をさせられるわけですが、そうだとしても荻上のこれは、いささか異常といえるまでの自己否定っぷりです。彼女の近親憎悪は、要は自己嫌悪の反映なんでしょうが、いろいろ抑圧のあるらしい彼女の、しかしこの痛々しさが、逆に創作のエネルギーになってんのかもしれないっすね。ものをつくるっつーのは、根っこの部分では、抑えつけられた欲求を吐き出す行為とリンクしてたりするもんだし。
 ってことは反対に、簡単に欲望を処理しちまえるような手段や環境が整いすぎると、後ろめたさも不都合も抑圧もなくなって、結局オタは、ただ果てしなく消費するだけの存在になっちまう、ってことでもあるんですが…や、別に純粋消費者が悪いというつもりはないんですけどね。それはそれで全然結構だと思います。
 ただ、萌えアニメだエロゲーだ、便利な欲望処理の手段が発達し普及し浸透し、それへの耽溺や依存の度合いが高まれば高まるほど、オタの想像力や感受性も減衰する一方なんじゃねーか、とは個人的に思ってたりはします。
 昨今のアニメ作品にしたって、複雑な人間への洞察を必要とするようなストーリーも、微妙な感情とか情緒の綾を見せるような演出も、理解されにくくなってる感じするのは、そら、製作者側も悪いでしょうが、受け手側が単純にダイレクトに、下半身的欲求を手っ取り早く刺激するもんを臆面もなくもてはやすようになったから、ってこともあるんじゃないでしょうか。この“臆面もなく”ってのが、案外分水嶺だったりするんですけどね。ま、いいんですけど、「悪貨は良貨を駆逐する」って言葉があるように、ほっときゃただひたすらに、安易でだらしない方向へ流されてっちまうのが商業文化だってことは、ユーザーも頭に入れといたほうがいいんでないかな、とか思ったりします。
 話を戻しますけど、なんかの本か漫画に確か、萌えは与えられるもんじゃなく、発掘するものだ、ってあったような気がするんですが、抑圧を抱えるあまり便利な手段に頼るのにもあれこれ葛藤のあるらしいオギーは、顔見知りの男どもをネタに、ひそかに脳内妄想繰り広げてたりする辺り、まさに腐の発掘者、腐のハンターと呼べるのではないでしょうか…発掘されたり狩られたりする側にとっちゃ、まことに迷惑な話ですが。
 で、そのハンター荻上が現視研会員の男三人見つけて、逃げなくちゃなんないのわかってるのに、ついつい傍で聞き耳立てちまうのには、悲しい腐女子の性を思わずにいられませんでした。そのちょっと前の場面で、漫研女子の藪崎さんとほかの女子部員たちとの、どうにもこうにもギスギスしたやりとり見てたんで、こいつらの和気あいあいな雰囲気にはほんと、ほっとさせられますな。こういうとアレなんすけど、女性だけのグループって、ちょい僕的には苦手感あったり。
 男どもが集団で楽しそうにイチャイチャ(腐女子視点)会話してるの見れば、まるで磁石に吸い寄せられる砂鉄の如く近づいてって、おいしい瞬間をキャッチしないではいられない腐の宿業が、結局荻上をその場に留めさせることになり、挙句の果てには男会話での妄想二次元キャラ化→さらに発展して勝手に妄想セクハラ、とまあ、近くで聞いてる身としちゃ恥辱プレイ以外の何物でもないことになったわけで…いっとくけどそれ全部、前回おまえがやったことと同じだからな、オギー。
 まあ、そういう成り行き見てりゃ視聴者の100パーセントが、あ、こりゃバレるな、と思うに決まってんですが、案の定ブラック大野以下会員すべてに露見するという、最悪の事態に発展して…にも関わらず、まだあーだこーだ苦しいいいわけしてる往生際の悪さは、もはや天晴れといってもいいのかもしれません。おいしいなあ、荻上。

 正直僕なんかは、リアルで荻上みたいなやつがいたら(いそうですけど)、なんだこいつ? と思って、なるべく関わり合いになるの避けると思うんですけど、その点現視研会員はみんな優しいっすね。大野にしたって、いじめてるようで実は同レベルで喧嘩してる感じで、陰湿さはないし。
 よくよく考えてみりゃ、いかにもオタク的に屈折したキャラって、実は「げんしけん」では荻上が初なんじゃ? 斑目も、OVAの咲への淡い恋愛話とか見るに、結構性根はきちんとしてるし、クッチーは…まあ、あいつは屈折ってか、破綻っていったほうがふさわしいだろうし。
 ED最後の絵で荻上がセンターにいることからも察せられるように、第2シリーズは、屈折したオタクである彼女を、まっすぐなオタクに成長させてやる、ってのがメイン・テーマなのかも。ってことは案外この作品って、
「健全なオタクとはどうあるべきか?」
 という、実は教育的な内容含んでたりするんでしょうか。
 ほかに数多くあるオタクの自己言及作品と較べて、この「げんしけん」が、僕的に際立ってポジティヴで健康的な印象があるのは、そういう、なんというか一本しっかり芯の通ったところがあるからなのかもしれません。





↑ある意味高坂は究極的に屈折したオタクといえないこともないんじゃないか、と思う管理人にどうぞ拍手でも。





げんしけん2 | comments(0) | trackbacks(6)

スポンサーサイト

2011.03.22 Tuesday 12:32
- | - | -

コメント

コメントする










この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。

トラックバック

げんしけん2 #6 「趣味のモンダイ」

ルルスザ デタ━━━゚(∀)゚━━━!!  ↓  ↓
| マンガに恋する女の ゆるゆるライフ | 2007/11/16 12:45 PM |

アニメ【げんしけん2】第6話。

『げんしけん2』 ※下記の日記内容には、アニメ本編に対するネタバレの要素が多々記述されています。少しでも気になさ る方は御覧にならない様に注意をして下さい。 今週のお話は、第6話 『趣味のモンダイ』。 ストーリー
| どっかの天魔日記 | 2007/11/16 6:09 PM |

今回はルル×スザなのか(げんしけん2 第6話「趣味のモンダイ」)

げんしけん2の第6話を見ました。第6話 趣味のモンダイ「面接ってさ」「はい?」「日産の面接でさ、GNPとは何かって聞かれて、『はい、頑張れ日産パルサーです』って答えたら受かったとかさ。コンビニの面接時間に遅れたけど、『開いててよかったローソン!!』ったら大受
| MAGI☆の日記 | 2007/11/16 8:08 PM |

(アニメ感想) げんしけん2 第6話 「趣味のモンダイ」

げんしけん2 第2巻 季節は冬になり冬のコミフェスの開催が近づいていた。コミフェスでの予定について現視研メンバーが話し合っていた。すると大野が荻上に初日は行くんですか?」としらじらしく聞く。荻上のオタクをオープン化させる目的が半分、からかうのが面白い
| ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 | 2007/11/16 8:21 PM |

げんしけん2 第6話 「趣味のモンダイ」

自分を腐女子として認めない荻上。 どう見てもBL好きの腐女子でしょ。 もう冬フェ
| アニメ-スキ日記 | 2007/11/16 9:12 PM |

げんしけん2 第06話 「趣味のモンダイ」

げんしけん2   お勧め度:普通+   []   チバテレビ : 10/09 25:30〜   テレ玉 : 10/09 25:30〜   テレビ愛知 : 10/09 27:28〜   テレビ神奈川 : 10/10 25:15〜   サンテレビ : 10/11 26:10〜   キッズステーション : 10/12 24:00〜   原
| アニメって本当に面白いですね。 | 2007/11/17 1:00 AM |