Speak Like a Child

世の風潮も時代の流れも無視して、ただ思うままくっちゃべる徒然ブログ。

スポンサーサイト

2011.03.22 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

げんしけん2 第5話「マダラメ総ウケ」

2007.11.09 Friday 16:11
 今回のサブタイから、あまり視聴意欲をかき立てられずパスしようかとも思ったんですが、感想記事を連載してる手前そうもいかず、渋々見ることにしました。
 どうでもいいけど、荻上役の水橋かおりが以前、「メガネ男子」という、タイトルからしてそれ系の本を買った、ってな話を某ラジオで聞いたことがある僕としては、今回の彼女の演技に、演技以上のものが感じられた気がしてなりません。

 で、腐女子の妄想を、もう結構です、ってくらいに見せられたエピソードっちゅーことで。こんなもん見て、俺の人生に一欠片でも得るもんあんのか。
 あーなんだ、これ見て、
「ひょっとして俺も誰か腐女子の妄想の餌食にされてんのかも…」
 と不安に怯えなかった男子はいないのではないでしょうか。だってねえ、あの朽木ですら、脳内で美形キャラに変換して×××させられる荻上の妄想力には、感心するを通り越して心底恐ろしさを感じずにはいられませんし。前回感想でオタク文化は男の欲望にまみれた魔境だと僕はいいましたが、女オタの欲望の世界のほうが、よほど魔境ではないかと感じ入った次第であります。
 しっかし、前々から不思議だったんですが、男の欲望の表れ方はかなりストレートで、アニメやら漫画やらのキャラにエロいもん求めたら、そのままそのキャラを裸にして、アレしたりコレしたりな漫画なりイラストなり描く、って、そういう方向に出てくるのに、女の場合はなにがどう屈折して“やおい”になるのか、真剣にどなたかご教授願いたいと思うこと切でございます。一応昨今は百合なんてトレンドもあるにゃありますけど、あれもぶっちゃけ、
「女の子いっぱい見たい。野朗は見たくない」
 って、そんだけのもんだし。つまりはハーレム物の延長線上のもんだろうと。違うのかもしれないけど、“男の描く”百合物には、真剣な関心を抱けない管理人としては、そんなふうに思えます。
 BL好きな女のファンタジーってのは、単純な男のそれとは、どうも根本からして違うような…まあなんだ、よくわからんまま勝手なこといわせていただくなら、社会的、心理的に不利な立場にならざるを得ない、女という窮屈な性に対する、一種の自己嫌悪とかコンプレックスとかからくる、裏返しのナルシシズムなんだろうか、とか思ったりもするんですが。
 男の場合は自分が男であることに、特に不都合や後ろめたさを感じることもないから、そのままダイレクトに“男の欲望”を表現することに、躊躇も迷いもないですけど、女はその辺なんか葛藤でもあるのかなあ。いずれにしても、親しい男子同士でじゃれ合ったりするのは、ただの他愛のないスキンシップですんで、それであらぬ妄想するのはとんでもない見当違いでしかない、と釘を刺しておきます…どうせ無駄でしょうが。

 ところで前回大野のキャラクターと、彼女のコイバナに関して違和感を表明した僕は、そのまま彼女への認識不足を放置しとくわけにもいかんだろうと、慌てて未見だったOVAシリーズをレンタルして見ました。おかげで“大野VS荻上”の女子オタ抗争の対立関係が、以前よりかはすっきり理解できたように思います。
 で、今回ラストでオギーが、笹原×斑目(表記としてはこれでいいんだよね? 攻め×受けってことで。間違ってても別にどーでもいいですが)のイラスト見せたのは、その対立の緩和を示すもんでしょうか? オギーあんなに自分が腐女子だって認めるの嫌がってたのに、よりにもよって天敵の大野に性癖ばらすような真似しちゃっていいのか?
 てか、すでにバレてんのか。バレても、同じ性癖持ち同士だからって友情が芽生えるでなく、むしろカップリングの嗜好の違いから対立が先鋭化するのが、腐女子というものなんでしょう。彼女らには彼女らなりに、譲れない一線があるということですな…んな死守するほどの一線か、って気もしないでもありませんが。
 それにしてもオタクは特殊人種じゃない、という作品コンセプトとはいささか裏腹に、一般人春日部咲と腐女子荻上千佳との、そのセクシュアリティの所在並びに方向性の違いの明白さには、なんというか、異文化コミュニケーションの困難さにも似た問題を思わずにいられません。BLなイラスト見て、咲が思うのは、
「笹原美形化→オギーひょっとしてササヤンのことを?」
 ってのですが、荻上的にはそういう誤解されるよりは、ただの腐女子妄想です、って白状するほうがマシなんでしょうか。
 結局、斑目もいっしょに描いたイラスト見せても、
「斑目も美形化→オギー二股かよ…意外と気の多い女だな見かけによらず」
 くらいが、一般人の想像の限界だと知らされるだけでした。そらそうだろ、いってみればネアンデルタール人に相対性理論を理解させるようなもんなんだから…そんな大層なもんじゃねーか。
 BLの影響力は女子オタにとって、僕ら男が想像する以上のものらしく、堂高しげるの「全日本妹選手権」によれば、結婚を機に腐女子を一度卒業したものの、成長した息子の制服姿を見て再熱、なんて事例もあるそうな。そんな深すぎる業の前には、非モテがどうたらいってる一部男子オタの苦悩なんて、実にまあ甘っちょろいもんだと思えてなりません。
 ちなみに上記「妹選手権」には、漫研やおい女たちによる、
「男の尻を描くことに青春の全てを消費したっていいじゃん!!」
「やおいと共に生きられるなら…一生バージンだってステキじゃない!!」
 という名言があります。この言葉に同意できるか否か、または社会道徳的にどうなのか、ってのはともかくとして、名言であることは間違いないでしょう。

 ま、しかしそんな人の道に外れた腐女子のひとりである荻上も、後にはちゃんと恋愛して(もちろん三次元の男と)、彼氏つくったりもしてんだから、女子オタの皆さんも希望は捨てないでほしいなと思います…なんで俺が腐女子を励ましてんだ。
 えーとにかくですね、人の脳内にまで干渉できるもんじゃない以上、誰をオカズにどんな妄想しようが勝手ですけど、もし万が一、僕をネタにしてBLイラストとか描く女子がいたとして、決してそのイラストを僕に見せたりはしないでください…つって、ほんとにそんなことになったらちびっと見てみたいかも。
 いや、でもなあ…誰と絡ませられるかわかったもんじゃないし…でもそこら辺も含めて…いやいや、やっぱり…うーん…。





↑さすがのオギーもハラグーロでBLは考えつかないようで、そこら辺に一縷の更正の望みがありそうな気がしつつ、やっぱ無理だろうなと思う管理人に拍手でも。





げんしけん2 | comments(0) | trackbacks(7)

スポンサーサイト

2011.03.22 Tuesday 16:11
- | - | -

コメント

コメントする










この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。

トラックバック

美化されたキャラでBL(げんしけん2 第5話「マダラメ総ウケ」)

げんしけん2の第5話を見ました。第5話 マダラメ総ウケ就職活動に疲れた斑目は部室で笹原とふざけあっていた。笹原は田中の手作りだと嘘を言った斑目のネクタイを引っ張っていると、そこに荻上がやって来て、コミフェスの締切表を見せて欲しいと言う。「締め切り表なら
| MAGI☆の日記 | 2007/11/09 4:19 PM |

げんしけん2 第5話 「マダラメ総ウケ」

斑目は総受け、高坂は両刀総攻めのようです。 なんだこのアニメ・・・w 暴走っぷりが半端ないですw BLネタのオンパレードです。 確かにオタクサークルを舞台としたこのアニ...
| この世の果てで、ざわ・・・ざわ・・・ | 2007/11/09 4:47 PM |

げんしけん2 #5 「マダラメ総ウケ」

 ご  ち  そ  う  さ  ま  で  し  た  ☆  ↓  ↓
| マンガに恋する女の ゆるゆるライフ | 2007/11/09 7:43 PM |

(アニメ感想) げんしけん2 第5話 「マダラメ総ウケ」

げんしけん2 第2巻 就職活動に疲れた斑目は部室で笹原とふざけあっていた。「ネクタイなんか田中が作ったヤツだもん、お手製よ」もちろんウソである。のウソに怒った笹原は斑目のネクタイを引っ張った。と、そこにタイミング良く?(いや、悪く?)荻上が来る。「間
| ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 | 2007/11/10 1:56 AM |

げんしけん2 第05話 「マダラメ総ウケ」

げんしけん2   お勧め度:普通+   []   チバテレビ : 10/09 25:30〜   テレ玉 : 10/09 25:30〜   テレビ愛知 : 10/09 27:28〜   テレビ神奈川 : 10/10 25:15〜   サンテレビ : 10/11 26:10〜   キッズステーション : 10/12 24:00〜   原
| アニメって本当に面白いですね。 | 2007/11/10 10:38 PM |

アニメ【げんしけん2】第5話。

『げんしけん2』 ※下記の日記内容には、アニメ本編に対するネタバレの要素が多々記述されています。少しでも気になさ る方は御覧にならない様に注意をして下さい。 今週のお話...
| どっかの天魔日記 | 2007/11/12 2:38 AM |

げんしけん2 第5話 「マダラメ総ウケ」

すばらしいBLでした!
| 空色☆きゃんでぃ | 2007/11/13 7:52 AM |