Speak Like a Child

世の風潮も時代の流れも無視して、ただ思うままくっちゃべる徒然ブログ。

スポンサーサイト

2011.03.22 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

ef - a tale of memories 第1話「eve」

2007.10.21 Sunday 00:04
 新番組感想記事候補三発目…のつもりなんですけど、正直ちょっと…。
 シャフト作品ということ以外は、まったく事前知識なしで見たものの、今のところはどう評価したらいいんだかわかりません。

 それはいいとして、クリスマスの夜に雪が降ってきて、女の子が
「うわぁーっ」
 とかいってクルクル回るっつーのを、また、ひさびさに見たような。ホワイト・クリスマスだね、って台詞も、あまりに使い古され感漂いすぎて、逆に今これやるのは、かなり勇気いるんじゃないかと思ったり思わなかったり。
 しかしなあ…いかにもシャフト作品らしく、凝ったことやってくれるのはいいけれど、その凝り方がどこを向いているのかよくわからん、という点でも、シャフトなのがどうにもこうにも。つか、個人的な感想でいうなら残念ながら、“ウザい”ってのが、正直なところなんですが。
 昨今、いろんなアニメ作品がありますけど、つくってる側の、こういう見せ方をしたい、って姿勢が、ここまで前面に表れているものは、なかなか少ないように思えます。その意味では非常に意欲作といえるのですが、同時に、ここまでなにを見せたいのか判然としない作品も少ないのではないかと…いや、わかるっちゃわかるんですけど。
 つまり、テーマやメッセージや物語を見せたいわけじゃなくて、手法を見せる作品なんだろうと。でもそれって手段が目的化してるってことになってねーか?
 現にこの第1回見た印象では、
「ああ、なんかいろいろやってんなあ」
 ってのだけは実によく印象づけられましたが、なにが語られているのかはさっぱりです。面白いかどうかに関しちゃ、それを問う以前の問題だ、と答えたくなっちまいますな。
 まあ、まだ1回目なんで判断を下すのは自重しますけど、この調子でラストまでやられた日には、確実にゲンナリしそうです…個人的にはね。
 とりあえず次回も見て、我慢できるかどうか判断してみますか。





↑女の子いっぱい出てきたけど、これって恋愛ゲーム原作ものか? と、無知にもほどがある管理人に拍手でも。





ef - a tale of memories | comments(0) | trackbacks(1)

スポンサーサイト

2011.03.22 Tuesday 00:04
- | - | -

コメント

コメントする










この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。

トラックバック

ef - a tale of memories 2007/10/14~10/20

ef - a tale of memoriesについての最近の情報です。
| 最新キーワードの情報収集・動画ブログ 第三倉庫 アニメ・漫画作品 | 2007/10/21 8:48 AM |