Speak Like a Child

世の風潮も時代の流れも無視して、ただ思うままくっちゃべる徒然ブログ。

スポンサーサイト

2011.03.22 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

東京魔人學園剣風帖 龍龍 宿星編青龍之章「集う宿星」

2007.10.14 Sunday 22:47
 前回どこまで話が進んだか忘れてたため、自分の記事を読み返したら、なんやらアランが放置プレイされることを心配したところで終わってたようです。
 しかし、今回冒頭の部分を見ても、なにがなんやらさっぱりっすね。いきなり東京壊滅状態って…しかも、なんでそんなえらいことになったか、数行の会話で説明って…。

マリィ「マリィ、白い煉瓦のお家がいいなぁ。あ、もちろん防火素材でね。カーテンはイチゴ柄でぇ、パッと見ショートケーキ?(語尾は疑問口調)みたいなぁ感じでぇ。ねえねえ、それから龍麻ちんは布団派? ベッド派? なーんてイヤーン! 龍麻ちんたら気が早いぃぃぃぃ〜!!!」

 …なんかマジでむかつくな、このジャリ女。
 それはともかく、前々回、前回辺りで個人的にピークに達した感のあるこの作品が、結末へ向けて順当に(?)破綻し始めてます。ゲーム原作作品にしちゃ健闘したのではないかと思うんですが、ゲーム原作作品であるために綺麗なまとめを期待するのは難しい、って法則は、やっぱこの「龍龍」も免れないようで。
 いや、ま、もともとストーリーに関しては、特に前シリーズなんか、かなり…な感じだったし、そら別にいいんすけどね。この際下手にきちんとした結末つけるよか、いっそ視聴者が唖然とするような、投げっぱなしENDで締めるのも、それはそれでこの作品らしくていいのではないかと…こういうのを、“斜め上の期待”っていうのかなあ…。
 ま、そんなわけで、もはやお話をどうこういうレベルではなく、青龍、白虎、朱雀、玄武の四神がいきなり揃っちゃったよー、ついでに龍麻も黄龍として覚醒しちゃったよー、陰陽の器の対決のときはもう目前だよー、そしてその場所は霊峰富士だよー、ってな、んな重要な展開たった1話でまとめて説明台詞だけで出していいのか? と、見てるこっちが心配になるような唐突さでもって、あれよあれよという間に進行していきます。
 えーそのなんだ、前シリーズ終盤での、ジャンプ打ち切り漫画的慌しさととっ散らかりようは、今シリーズでもどうやら改善されてないようですね。だいたいにおいてこのアニメって、アクションやキャラの心理描写や、独特の凝った演出等には見るべきものあるけど、普通にお話を進める手法に関しちゃ、なんともほめられん出来になってしまうのはどうしたらいいんだか。考えてみると、上記の長所は本筋とあまり関係のない、どっちかったらインターバル的エピソードにおいて発揮されることが多かったような気がします。つーことは、とにもかくにも結末つけるために話を進めなくちゃならない終盤じゃ、“外れ”がつづくってことか?

 で、今回見所は、最終決戦に際し、陰の器たる龍治の力を取り込んだ柳生の、その変貌ぶりにあるでしょうか。宇崎竜童(我ながら古すぎるな…)みたいな味のあるルックスだったのが、なんかツルンとした美形に変わっちゃったよ。「エルガイム」最終回でのアマンダラを彷彿とさせますな…これも古いな。
 もしかしてやつの野望って、イケメンに変身することだったのか? んなことのために壊滅させられた東京は悲惨というほかありません。
 アクション面ではやつの尋常じゃない強さが炸裂してていい感じでしたが、それも、ラスボス・キャラとしての存在感を際立たせる前準備がなんもなかったせいで、悪の凄みといったものは、ほとんど感じられなかったり。敵キャラとしては、九角や渦王須のほうがよっぽど印象強いよなあ。
 まあなんつーか、お話のほうはもう、そんなに期待できないような気がしないでもありません。つか、アニメ・スタッフはほとんど原作のストーリーには、興味持ってない感じっすね。
 原作ゲーム関係なしに突っ走れと、何度もいってきた僕ですが、今回のひどさを見るにつけ、ここにきて「魔人」ファンの、アニメに対する不満も、ちょこっとは理解できたような気がします。ま、「もっけ」の原作改変が納得いかないものだったってことも、影響してるのかもしれないけど。
 それでもこっちは、
「原作のストーリーは気に入らないから、俺らでいじってやるぜ」
 的モチベーションが感じられるから、まだいいんですけどね。逆にいうと原作のストーリーに沿ったエピソードでは、スタッフの“しょうがない感”が、露骨に表れてしまう、ってことでもあるんですが。





↑柳生の変身は「エルガイム」だけど、九角の霊が龍麻を応援する辺りは「Zガンダム」だな、と思った管理人に拍手でもどうぞ。





東京魔人學園剣風帖 龍龍 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2011.03.22 Tuesday 22:47
- | - | -

コメント

コメントする










この記事のトラックバックURL

http://memento01.jugem.jp/trackback/161

トラックバック