Speak Like a Child

世の風潮も時代の流れも無視して、ただ思うままくっちゃべる徒然ブログ。

スポンサーサイト

2011.03.22 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

東京魔人學園剣風帖 龍龍 拳武編第四夜「拳は命を奪わない」

2007.08.20 Monday 20:41
 八剣の、一戦も交えずにあっさり京一たちに寝返ったその変わり身の速さもさることながら、偽館長が本性現した際の、あまりの言動の豹変っぷりに感動。まあ、なりすましてたの凶津だしな。
 むしろ今まで無理してあの重々しい口調を演じてたのかと思うと、誰に操られてたんだか知らんが、やつの努力に涙を禁じえません。しかも最後の最後に今までどこに隠れてたんだかなんの説明もなく本物が現れて、一瞬で倒されちゃってんだから、報われないことおびただしい話です。

 前回ほめたと思ったらこれだもんなあ…。今回はもう、笑うしかないでしょう。
 前回の振りからいけば、普通に今回は壮大なバトルを見せてくれるんだろうと視聴者に期待させといて、その実、登場人物たちのインナーワールド描写のお話になってます。
 それ自体は別にいいんですけど、それをやるのに、この「龍龍」にしてはいささか芸がないというか、キャラの説明台詞のオンパレードでほとんどやっちゃってるおかげで、前シリーズ後半辺りで見られた、平板な話を無理して盛り上げようとしている苦しい感じを思い起こさせます。
 おんなじ内面話やるにしても、前回の京一と醍醐みたいな、フラッシュバック映像を交互に挿入することで、二人のキャラを対比させる、っていうような演出的な巧妙さもないし、各人脈絡もなく、しかもバトルの流れを妨げるようにして自己の内面世界に入っちゃうから、テンポの悪さばかり際立つ感じで。特に龍麻と壬生の戦いに葵が割って入ってきて、懇々と壬生に、
「人を殺しちゃいけません」
 なんて説教をし出すところとか。今回は全体的にアクション自体が不完全燃焼もいいとこなので、彼女がバトルの邪魔をした、って印象はないんですけどね。
 しかし、第四話にしてもうスタッフ息切れしてんでしょうか? それとも前のシリーズがあまりに独自路線で突っ走ってたことに対し、変に反省しちゃってる?
 そういや、「拳武編」に入ってからは比較的ストーリーが整理されてわかりやすくなり、キャラも前に出てきてる感じですけど、代わりにこの作品の魅力のひとつであった、独特のわかりにくい構成や、映画的な手法を意識した演出等は、やや影を潜めたような…。いいいい方するならアニメとして洗練されてきた、ってことなのかもしれませんが、悪いいい方すると普通のアニメになっちゃった、って感じかも。個人的にはこの「龍龍」で、普通なことやらんでも、とか思うんですけどねえ。
 とはいえ、なんとなくあの鳴滝館長のガラッパチな変貌やら、今まで主人公グループが散々苦戦していた敵を、真館長が空(!)から舞い降りてきて、一発ぶん殴っただけであっさり倒す、なんて唖然とするような締め方やら見るに、スタッフもある意味“捨ててる”というか、
「もう今回はしょうがないから、視聴者も笑っちゃってくださいな」
 とか思ってやってるような気も、チラホラしたりして。これまでからいっても、この作品には出来にムラがあるのわかってますし、スタッフもその点は自覚してるのかもしれません。
 だから今回は、普通にギャグ回としてアハハ、と笑いながら見るのが正しいんでしょう…たぶん。





↑せめて龍山や道心くらいは、鳴滝のあのチンピラっぷりを怪しいと思えよ! と思いつつ、道心は「俺の口調が伝染っちまったか」くらいに思ったのかも、とか考える管理人に拍手でも。





東京魔人學園剣風帖 龍龍 | comments(0) | trackbacks(3)

スポンサーサイト

2011.03.22 Tuesday 20:41
- | - | -

コメント

コメントする










この記事のトラックバックURL

http://memento01.jugem.jp/trackback/145

トラックバック

東京魔人學園剣風帖 龍龍 拳武編 第四夜「拳は命を奪わない」

第参夜を見逃してしまったんだが、その間に物語は大きく動いたようだな。 京一はすっかり元気になって右近と対峙、剣を交える前に右近は京一に勝てないと判断してあっさり負けを認めて京一達の加勢にまわった。 あれ程実力差のあった二人が僅か短時間の間で、こうなる
| White wing | 2007/08/20 9:28 PM |

東京魔人學園剣風帖 龍龍(トウ)第弐幕 第四夜 拳武編「拳は命を奪わない」視聴メモ

夜11時からの分をビデオに撮るのを失敗したのだった。ということで、午前4時開始の分をビデオにとって見たのだった。 例によって、この視聴メモは、実際に番組を見た人にしかわからないような文章で成立しているので注意を。 というわけで、視聴メモをスタートさ
| アホ理系青年の主張〜窓野マサミ☆アホージャーナル〜 | 2007/08/20 9:31 PM |

東京魔人學園剣風帖 龍龍 第弐幕 #4 「拳武編4・拳は命を奪わない」

ちょっ!簡単に寝返った! 「美しき者の味方です」 ハアハアしたあと京一に敵わないと判じ ほどあっさり屈してしまった八剣右近にビックリですヨ(汗;)  ↓  ↓
| マンガに恋する女の ゆるゆるライフ | 2007/08/21 7:24 AM |