Speak Like a Child

世の風潮も時代の流れも無視して、ただ思うままくっちゃべる徒然ブログ。

スポンサーサイト

2011.03.22 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

英國戀物語エマ 第二幕 第九章「覚悟」

2007.06.15 Friday 10:17
エレノア「でも、諦めないとなにもかも前に進めないもの」

 …女は強いな。ま、だいたいリアルでも失恋の痛手をいつまでも引きずるのは男のほうで、女は一晩泣き明かしたら、後は案外ケロッとしてたりするもんだしな。
 エレノアにとってのウィリアムへの想いというのが、本当に恋だったどうかは、正直微妙な気もしますが、彼女は彼女で子爵家の財政上の取引の道具にされてたんだから、婚約スキャンダルの犠牲者なのは確かでしょう。
 長い目で見れば、彼女にはむしろ、この婚約破棄という結果はよかったのかもしれません。ウィリアムなんてへタレ坊やよりか、もっといい男を見つけて幸せになってほしいもんです。

 で、ぶっちゃけ彼女のことはもうどうでもいいんですが。僕にとってはグレイスのほうが重要でして。
 子爵によるジョーンズ家ネガティヴ・キャンペーンの被害をもろに被って、パーティーじゃ壁の花になってた彼女ですが、社交界の男どもっつーのは、他家のスキャンダルが自分に及ぶのを恐れて、美人を誘うことすらできねー腰抜けばっかなんすかね?
 一家の中じゃ彼女は比較的ウィリアムに同情的な立場ですが、それというのも両親の悲劇があったときに、すでに物心ついていて、兄といっしょに母が家を出る経緯を、傍らで経験したからでしょう。ウィルがなんであんなに頑なに、半ば意地みたいになって社交界を敵に回す真似をするのか、その理由を彼女は気づいているのだと思います(ウィル自身は気づいていないかもしれませんが)。
 今話では、キャンベル子爵のほうからの婚約破棄という、いわば先手を打たれたかたちで、ジョーンズ家は、これまでリチャードが築き上げてきた信頼や名声もどこへやら、あっというまに“ただの成り上がり”に評価ダウンとなってしまいました。
 手のひら返しとはまさにこのことですが、かつてのリチャードは結局、そんな現実に対して白旗を揚げることで、折り合いをつけたわけで。そのために妻を田舎に隠棲させるという手段までとって。
 幼かったアーサーやヴィヴィが、その辺りの事情を知っていたとは思えませんし、だから、ウィルを自分勝手だとあっさり非難できるんでしょう。いや、彼らのいうことはまったく正しいんですけど、立場としては同じなはずのグレイスが、単純に兄を非難できないのは、ウィリアムの行動の動機の根っこに、父をさげずんで母を追い出した社交界に対する反発というものがあるのを、察しているからだと思います。子供っつーもんは、意外と鋭く親を見てたりするもんで、上の兄妹二人が、なぜオーレリアが家を出なければならなかったのか、その本当の理由を知っていたのは間違いないでしょう。
 原作じゃ確かグレイスも、婚約破棄後にウィルを激しく非難してたんですけどね。もっとも友人のエレノアを彼が傷つけたことに対する、それは怒りだったんですが。アニメのほうではその描写もないですが、彼女の家でのポジションを考えたら、むしろこっちのほうが僕にはしっくりくるように思います。
 ウィリアムにとっては、父やアーサーやヴィヴィから正面きって非難されるより、グレイスがつらい目に遭いながらも、耐えてる様子を見ることのほうが、きっと堪えるんだろうなあ。いっそのこと不満の一つでも口にしてくれりゃ、ウィル的には楽なんでしょうが、それをしない…というかできないところに、グレイスのどうにもこうにも苦労性な部分が窺えます。

 で、家族に迷惑を強いている今のウィリアムにできることといえば、エマとの愛を貫く一方で、ジョーンズ家長男としての責任も果たす、という、両立しがたいことを両立することしかないんですが。
 ウィルのいう通り、
「それができなければ、ただの自分勝手なやつで終わってしまう」
 なわけで…いや、もうじゅうぶん自分勝手だろ、なに開き直ってんだ? と思う人もいるでしょうけど、ほかに有効な解決策もないしなあ。今さらエレノアと復縁なんてできるはずもないし、それをやったらそれこそ彼女への侮辱だろうし。
 もちろん、そもそもウィリアムが自分の感情を殺して、一家の犠牲になってりゃよかったんですけど…実際エマへの未練を断ち切るため、家のために、一度はウィルも犠牲になることを覚悟しましたが、人間どうしてもできないことはできないわけで。それがエゴだっつーんなら、ウィリアムはまさしくエゴイストでしょう。
 つか、ウィルをエゴイスト呼ばわりできるんなら、社交界という社会での掟を盾に、個人の感情をその社会の生贄に差し出そうとする、リチャードやキャンベル子爵だって、立派にエゴイストと呼べると思うんですけどね。当時の社会は彼らの立場を後押ししてたから、そうは見えないってだけの話であって、所詮どっちもどっちだろうと。そして、どっちもどっちであることをリチャードも本音ではわかっているから、息子に対してもそれほど強くは出れないんでしょう。
 家族からの非難の集中砲火を浴びて、それも自業自得だと受け止めてるウィリアムにだって、ほんとはいいたいことがあるはずなんですが。それこそ、
「父さんと母さんは恋愛結婚だったのに、なんで僕だけ家のために犠牲にならなくちゃいけないんです?」
 って一言くらいはね。





↑第二期は「エマ」ってより「ウィリアム」だよなあ…ヒロイン活躍しないし、とか思う管理人によろしければ拍手を。


英國戀物語エマ 第二幕 | comments(0) | trackbacks(5)

スポンサーサイト

2011.03.22 Tuesday 10:17
- | - | -

コメント

コメントする










この記事のトラックバックURL

http://memento01.jugem.jp/trackback/116

トラックバック

英國戀物語エマ 第二幕第九章「覚悟」

メルダーズ家のタウンハウスに戻ったエマは、完全に吹っ切れた清清しい表情で仕事をしています。 心配で様子を見に来たトロロープ婦人も一安心でしたが、ウィリアムは、以前のような浮ついた気持ちではなくなっていました。 エレノアが諦めることを決意し、自分なりに
| パプリカさん家のアニメ亭 | 2007/06/15 12:03 PM |

英國戀物語エマ 日英文化交流のアニメ也

第9章「覚悟」 再度、言おう。これはロミジュリ だと!
| Fere libenter homines id quod volunt credunt | 2007/06/15 10:01 PM |

英國戀物語エマ 『覚悟』

「僕と結婚してください」 ウィリアムが全てを覚悟して、向き合ったエマへの想い。 エマに会いにロンドンへやって来たのは、ミセストロロープ。 エマをウィリアムの婚約パーティーに連れて行ったのは 自分。 知
| 日々是「紫」 | 2007/06/17 10:51 AM |

英国戀物語エマ第二幕 第九章 「覚悟」

エマにお茶を出すように命じるドロテア婦人。行ってみるとそこには、ウイリアムの母親のミセス・トロロープが、居るではないですか。そして、エマが吹っ切ったことを見抜く。流石ですね。
| ゼロから | 2007/06/17 1:43 PM |

(アニメ感想) 英國戀物語エマ 第二幕 第9話 「覚悟」

英國戀物語エマ 第二幕 1 自身の気持ちに整理をつけ、日常へと戻ったエマ。一方で、社交界より孤立しつつあることを実感したウィリアムは、自身の責任を果たすため、一つの答えを出す・・・。
| ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 | 2007/06/18 1:12 AM |